セフ友募集で必要なのは嫌われる勇気

世の中は八方美人が多いです。

誰もが嫌われる事を恐れているからでしょう。

そして、なにもかもが中途半端になってしまいます。

例えばセフ友欲しい!

気軽に性行為できる友達欲しいなって考えるとします。

しかし、それは倫理的に反していて行けない行為に思えてしまいます。

この状態でセフ友を作ろとしても成功しないのです。

セフ友が欲しければ嫌われる事を恐れない

性行為が可能かどうは女性に承諾を得なけれできない。

しかし、承諾を得たいが嫌われたくもない。

これが人間です。

セフレを多く囲っている男性ほど、多くの女性に嫌われたり、断られたりしています。

セフ友を作るには、10人以上に断られます。

中には、「お前サイテーだな」と罵声をあびらされたりもするもしれません。

セフ友活動とは、嫌われて初めて成果が出るのです。

この辺りは、営業マンと同じ心理とも言えるでしょう。

あなたが、これからセフ友を探しているのであれば嫌われ勇気を持ってください。

 

嫌われた回数をカウントし開き直る

相手嫌われないようにセフ友を作るのは不可能といえます。

いっそのこと、開きなおり、セフ友を作るよりも嫌われた人数をカウントすると良いでしょ。

罵声を10人に浴びせられると、柔らかいメンタルも強靭な鋼なメンタルに進化している人もめずらないのです。

メンタルが鍛えられると、セフレのアプローチ数が増えるので必然的にチャンスが増えます。

数撃てばセフレは見つかる

世の中には自分の常識で計れないような女性は多いです。

 

通常は、頭がおかしい方に目がいきますが、女神のような子も存在します。

 

こういった良いセフ友に巡りあえるかは、数しかありません。

あなたにスキルがなくても、当たり女性を引き当てるだけで、セックスフレンドになってくれるような子もいるのです。

最初は、変なスキルを学ぶよりも、嫌われる勇気を持ちアプローチした方が成長が見込めます。